株式会社ブルームーン

著作権の豆知識

COPYRIGHT'S TIPS

2018.11.28
著作権の豆知識

音楽著作権における「翻案権(編曲権)」について

著作権法の第27条は、「著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。」とあります。

既存の楽曲を著作者から許諾を得ず、翻訳、編曲、替え歌などをして公表することは著作権侵害にあたります。
シンクロ権もそうですが、著作者が意図していない利用をこの権利は防いでいるわけです。
著作者だけが持つことのできる権利(一身専属)なので、他人に譲渡することはできません。

原曲とは違う形で編曲し、演奏するケース(「バンド編成で演奏されている楽曲をエレクトーン用にアレンジ」など)では、パブリック・ドメイン等の例外楽曲を除き、編曲権の許諾申請手続きが必要となります。

■この記事に関連するページ

音楽著作権事業

https://bluemoon-copyrights.co.jp/synchro.html

お問い合わせ
CONTACT
CONTACT

お見積りやご質問など、こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。

amazonAmazonにて発売中
ページトップへ戻るロゴ